スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    難産だったらどうしよう……という不安
    0


      まず、ウサギのクロですが、
      腫瘍切除手術の経過が非常によく、きれいに傷口がふさがりました。
      (どこを切ったのか分かりにくいほどです)

      しかし……手術後、エリザベスカーラーを取ったら
      胸の毛をむしる悪い癖が出てしまい、
      手術後で毛がない状態ですから、皮をむしったようで、
      新たな傷口ができてしまいました。
      そのため、せっかく取れたエリザベスカーラーが復活。
      縫うほどではないのですが、消毒に通っています。


      私の方は、元気です。
      ……が、出産予定日を数日後に控え、
      難産になったらどうしようと恐怖を感じています。
      37週を越えたら歩いてくださいと言われていたにも関わらず
      グータラ生活を送っていたため、子宮口が開きにくいんじゃないかと
      今更になって危機感を募らせています。
      体操をしたり、しゃがんだり、腰を回したり……
      夏休みの宿題を8月末にやる小学生のように
      慌てて運動をしているのですが……。
      出産まで間に合うのか!?本当にちゃんと産まれてこれるのか!?
      心配ですね。

      まぁ…初産は、予定日より少し遅れるケースが多いと聞いたので
      予定日に陣痛が来なくても、あまり気にしないようにします。
      | さえ | 出産と育児 | 10:03 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
      出産予定日は4月11日
      0
        本日、39週と3日。
        37週を過ぎた時点で、いつ出産してもおかしくないという状況なので
        そろそろ出てくるころだと思います。
        初産は、予定日から若干遅れる傾向があるという話も聞くので
        今週末から来週になるだろうな、と予想しています。

        本日、検診がありました。
        30分間ほど、おなかに機械をつけて子どもの心拍を検査しました。
        赤子って、心拍数が高いんですね。
        眠っている時は120くらいで、時々動くと130〜140くらいになります。
        とても元気とのことです。
        子宮は、開きつつあるものの、今日すぐに産まれる!というほどではないと言われました。
        やっぱり、今週末から来週あたりかな?


        妊娠してから今に至るまで、想像以上の体調変化がありました。
        記録のために、ざっと書いておこうと思います。

        09年8月
        妊娠発覚。微熱が続き、37.2℃をキープ。
        夏で暑いだけかと思ったけど、手のひらと足の裏が異常に熱くて
        保冷剤を当てて寝ていました。
        だから、直感というより体調の変化という点から
        妊娠の予感はありました。
        下旬に大阪出張があり、日帰りで東京-大阪間を移動したこともあったんだけど
        ひざかけなどの冷房対策を完璧にして、何とか乗り切りました。

        09年9月
        つわり開始。
        食事の量は、普段の半分食べるのがやっとでした。
        おなかが空くと、気持ち悪くなり
        かといって、たくさんは食べられないから、こまめに食べなければいけない…。
        仕事で2時間以上の取材がある時は、
        開始直前にウィダーインゼリーかおにぎりを食べていました。
        しょっちゅう「おえっ」ってなってました。辛かったなぁ。。
        この間、体重は1〜2キロ減ったけど、主治医からは
        「食べられる物を食べられるだけ食べればOKです。
         それでも赤ちゃんは育ちますから」
        と言われていました。
        ハンバーグがダメになり、
        チキンナゲットやポテト、果物、サンドイッチなどを食べていました。
        あと、電車の中の冷房が辛かった記憶があるなぁ。

        09年10月
        妊娠初期で安定期に入っていなかったのですが、
        北海道旅行に行き、漁船で荒海に出てしまいました。
        晴れてるから大丈夫だろうと舐めていたけど
        実際漁船に乗ってみると、ものすごい揺れでね…。
        漁船に乗っている最中、子どもと夫に「ごめんなさい!!」と謝り続けていました。
        旅行から帰ってきた翌日が検診だったのですが、子どもは無事で、ひと安心。
        つわりは10月いっぱいぐらいまで続いていたような気がします。

        09年11月
        安定期。
        食欲は普通ペースで、微熱もなく、比較的過ごしやすかったように思います。
        しかし、精神的に割と不安定で、よくイライラしていました。
        特に通勤電車。新型インフルエンザが猛威を振るっている時期だったので
        なおさら神経質になっていました。
        仕事も忙しかったので、ストレスがたまっていたのかもしれないなぁ。
        おなかが目立ってきて、ウエストが90cmくらいになっていました。
        それでも、体重はこの時点で2キロしか増えていなかったので驚きです。

        09年12月
        1月に新居への引越しを控え、
        中旬くらいから家具や生活用品の買い出しをしていました。
        防寒対策を舐めていて、かなり下半身を冷やしてしまったと反省しています。
        (子どもは無事でしたが…)
        また、12月から急激に食欲が出てきて
        12月下旬から1月上旬までの3週間ほどで一気に3キロ増えました。
        恐るべし年末年始…。

        10年1月
        新居へ引越し。環境の変化が辛かったなぁ。
        また、おなかも大きくなってきて、
        徐々に動くのがしんどくなってきました。
        体重は、正比例ペースで増えていました…。
        そういえば、逆子だと言われていたけど、自然に頭が下になっていたようです。
        ありがとう、子どもよ。

        10年2月
        心身ともにだるくてモチベーションがゼロになっていました。
        もう何も考えたくないし、何もしたくないし
        仕事をするのがきつかったです。
        実家で寝る瞬間が一番の安らぎで、イモムシのようになっていました。
        なんか、鬱っぽかったなぁ。
        生活サイクルが昼夜逆転状態だったからかな?
        助産師さんから注意されました。
        子どもは相変わらず元気。大きさは、大きすぎず小さすぎずの普通サイズ。
        よくおなかを蹴っていました。(パンチか??)
        子どもは、夜寝る前が一番活発に動いていました。

        10年3月
        ようやく仕事が終了し、思う存分ダラダラしていました。
        しかし食欲が旺盛なので、体重は一週間に1キロペースで増えてしまい…。ぐはっ。
        恥骨や足のつけ根が痛くて、歩くのが辛かったんだけど
        もっともっと歩いてもよかったなと反省。
        (医者からもそう言われた。)
        あと、むくみがひどくて、手や足がパンパンになっていました。
        尿検査は、時々蛋白が出る程度だったので、
        妊娠中毒症というわけではないみたいだけど
        手足が常にだるいのが印象深かったです。
        母乳が出るようになってきて、風呂場で一人で感動していました。
        | さえ | 出産と育児 | 21:04 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        母乳が出た
        0
          びっくりした。

          母乳で育てるか、それとも粉ミルクで育てるか、と病院で聞かれ
          なんとなく母乳だと産後やせやすく、なおかつ栄養価も高いというイメージがあったので
          じゃあ母乳で、と答えた。
          そうしたら、先日の産科カウンセリングで
          「乳首マッサージをしてください」
          と言われた。
          で、今日、お風呂の中でやってみた。
          (前々から、入浴時などに毎日15分くらいやってみてくださいと言われていたのだが
           私は基本的に風呂の中では読書をしているので、すっかり忘れていた)

          ……すると……
          最初は何かにじみ出てきたという感じだったのだが
          少し続けていると、白いのがビューーーーーっと出てきた!
          見慣れない光景だったのでびっくりし、大慌てでお風呂を出てゆぴょんに見せた。
          ゆぴょんは「おおおお!」と感動していた。

          おっぱいがおっぱい本来の役割を果たしているところを目の当たりにし
          生物の神秘というか、何かそういうものを感じた。

          先日、美容院で、女性店員さんに
          「母乳がスムーズに出るようになるまでマッサージをするのだけど
           ものすごく痛かった」と言われたので
          正直言ってビクビクしていたのだが、意外と普通に出て安心した。
          (これから痛いのかもしれないが……)

          自分の体とはずいぶん長い間つきあっているが
          見たことない機能を発見すると、とても新鮮に感じる。
          例えば5年くらい同じケータイを使っていて
          5年目で初めてワンセグがついていたことに気付いたと同じぐらい新鮮に感じる。
          | さえ | 出産と育児 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |