スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    スター
    0

      一定時間無敵になれる

      | さえ | 大学@日本旅行企画研究会 | 16:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      新歓合宿
      0

        【1日目】 吉祥寺出発→足柄SA→大涌谷(強力な風雨により、卵を食べたのみ)→箱根町→コンビニ→箱根寮→風呂→夕飯→ゴロゴロしたり卓球したり→飲み→適宜つぶれる

        【2日目】 箱根寮出発→海沿いの道を走る→江ノ島→江ノ島内散策・弁財天・岩屋→コンビニ→八景島シーパラダイス→お台場・夕飯(ラーメン国技館)→流れ解散

        【解散後】 お台場出発→レインボーブリッジ→よっしーの家(大宮)よっしーが無事ドアを開けて家に入るまで見届ける→SATYでトイレ休憩→佐藤くんの家(日高)佐藤くんのお父さんに新グロモントをいただく→佐藤くんの駐輪場→のむさんに「これから行くから茶の用意をよろしく」とアポイントメント→途中西武ドーム前通過→のむさんの家(西東京)→のむさん感動→コンビニでトイレ休憩→途中、わたしと秋山くんの生活エリアがかなり重なっていたことが判明→わたしの家に到着(00:00)
        その後、秋山くんの家→とみー帰宅

        みんなおつかれさま!

        | さえ | 大学@日本旅行企画研究会 | 01:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        大涌谷のクロタマゴ
        0

          部の合宿で大涌谷にきているのだが、風と雨が強くて霧もすごくて寒くてとにかく外にいられないので、クロタマゴだけ食べて終了

          | さえ | 大学@日本旅行企画研究会 | 14:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          京都・奈良・大阪に行ってきました
          0




            大学の部活(旅研)の夏合宿で
            京都・奈良・大阪に行ってきました。

            経済的な理由で東京から大阪まで車で一気に移動すると言う
            超強行策を取ったのですが、何とか無事帰宅しました。

            帰りの車内で、どこをどう間違えたのか
            「黄色いバカンス」をかけた大馬鹿がいて
            脳がおかしくなりそうになっていたのですが
            セカンドドライバー・佐藤君は、それによって気分がノッてしまって
            松坂の投球スピードと同じ速さで車を飛ばしてくれました。
            そのお陰で、部員の命は死と隣り合わせになったものの
            夜九時前には新宿で解散することができました。

            ・・・ともあれ、ドライバーのみなさん
            そして部員のみなさん
            お疲れ様でした。


            ちょっと旅行を振り返りながら
            その時に撮った写真を載せてみようと思います。
             
            続きを読む >>
            | さえ | 大学@日本旅行企画研究会 | 23:48 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
            うちの部がいかに適当かを語る
            0
              今年の夏合宿

              部長さん行かないらしいっすね。

              わたしは「日本旅行企画研究会」という
              激しく暇な連中ばかりが集まる部に所属しているのだが
              この部のやる気のなさは、ほんとハンパじゃない。

              ちなみに、この部は何をやる部かというと
              一応国内旅行を自分らで企画し、日本各地の名所や穴場などを探し
              年に2,3回の合宿で旅行に行き、その土地の文化に触れるという部である。
              しかし、それは超美化した表現であり、実際の状況をありのまま言ってみると
              普段は暇な奴らが腐りながら部室でマリオなどをやっていて
              旅行を企画すると言っても、経済危機に瀕している部員どもの状況を考慮して
              文化もへったくれもない超激安プランの旅行を企画し
              一応学祭で旅行内容を発表をしないと部の存続に関わるので、
              何とか夏合宿を実行する、という色んな意味で崖っぷちの部である。
              協調性とか意欲とか、そういう言葉とはまるで縁のない集団なのだ。

              しかも、その夏合宿も一昨年あたりから部長がばっくれるという事態に陥っており
              一昨年に関しては、もう春の時点で部長が行方不明になり、夏合宿自体が消滅。
              しかしそれでも学祭で発表はしなければならないので
              京都に合宿に行ったという偽りの出来事をでっちあげ
              何とか学祭の発表は乗り切った。
              ・・・しかし、その行方不明になった部長というのは
              紛れもなくわたし自身なので、もうこれ以上は言うことができない・・・。
              ごめんよ、ほんとごめんよ>なんちゃん、きょろちゃん

              しかし、代々暇人の部というだけあって
              部室の設備はとても充実している。
              コタツ・スーファミ・プレステ・テレビ・冷蔵庫・各学科の教科書・過去問・いいちこ等
              もうここで暮らせるんじゃないかという勢いの設備が整っている。
              更に、青春を未だに諦めてない一部の部員のために
              タッチ全巻まで揃っている。
              タッチを読むたびに
              「南ちゃんとかありえねーよ」
              などと、現実とのギャップにため息をつくのがオチなのだが
              漫画の中だけでも青春を味わいたい部員は
              ワンシーズンに一度はタッチを読み返している。

              しかし、あまりに居心地のよすぎる部室が原因なのか
              この部の留年率は著しく高い。
              ちょっと前では、留年率50%以上という数字も叩き出していた。

              そんな、悲しすぎるくらい切ない部に、
              昨年当たりからなぜか新入生が多く入ってきて
              今年は、わたしの知る限りでは、参加人数最多の夏合宿になる予定なのだ。
              そんな夏合宿で、協調性のない部員どもをまとめるという
              超重要なポジションである部長がばっくれたとなると
              コンパスも地図も装備も一切ない状態で深夜に青木ヶ原樹海に突っ込むようなもので
              今年の夏合宿は本当に前途多難である。

              とみーときったむくんは綿密な打ち合わせをして
              こんな時くらいはチームワークを発揮するようにしてください。
              | さえ | 大学@日本旅行企画研究会 | 00:37 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |