スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    スターウォーズ エピソード掘淵轡垢竜媾院
    0


      ついに見てきたぜ!エピソード掘淵轡垢竜媾院
      映画では最終作品と言うだけあって、ライトセイバーの戦闘シーンが
      他のエピソードに比べてダントツに多かったという印象を受けました。
      あんまり内容を言っちゃうとネタバレになるので
      内容が分からない程度に感じたことを書いておきますね。

      今回は、アナキン(ダースベイダー)をかなりクローズアップさせていたので
      いつものサブキャラ(C-2POやR2-D2など)の重要性は割と低かったです。
      他の作品だとキーになっていたりするのですが
      今回は、一応出ていた、という感じでした。
      パドメも、エピソード機Ν兇任魯淵屐悉王として
      割と忙しそうに政治やらを行ってたイメージがあったのですが
      今回は、悲劇のヒロインに徹していましたね。
      とにかく、主役はダースベイダー。
      アナキンが、いかにしてダースベイダーへと変わっていったか、という
      心の動きが細やかに描かれています。

      あ、あと、比較的オビワンの出番も多かったです。
      オビワン大活躍でした。
      ヨーダも相変わらず最強でした。
      ちっちゃくて、いつもヨタヨタ歩いているのに
      戦闘になるとぴょんぴょん跳んでライトセイバー振り回してました。
      普段杖なんて必要ないんじゃね?ってくらい跳ねていました。
      やっぱり、ヨーダはいつでも頼りになります。
      観ている側も、ほっとするし、期待もしてしまう存在ですね。

      この映画で、チューバッカがようやく出てくるのですが
      なんと、エピソード靴離船紂璽丱奪は
      エピソード検Ν后Ν困妊船紂璽丱奪をやっている役者さんと同じ役者さんで
      20年ぶりにSWに復帰、とのことです。
      また、今までR2-D2(メカ沢みたいなやつ)は
      リモコン操作かなんかで動いているかと思ったのですが
      あの中にちゃんと役者さんが入っていて、R2-D2を動かして演技をしているらしいです。
      これはびっくりしました。

      そういやわたし、全然関係ないんだけど
      渋谷の映画好きな店長さんがやってる喫茶店で
      エピソード犬了1討納尊飮箸辰討い燭箸いR2-D2を見たことがあります。
      残念ながらそのお店はつぶれてしまいましたが・・・。

      純粋すぎるが故に、大切な人を思う気持ちの隙間に弱さが生じ
      そこにつけこまれてダークサイドに堕ちてゆくアナキンの心に注目です。

      それと、これから観る人へ。
      わたしは他の全作品を見ているので、エピソード靴鮓て
      ああ面白いなぁ、とか、言葉の裏にある意味とか、伏線とか
      そういうのを感じ取れるのですが、
      あまり他の作品を見ていなかったりすると、この作品の面白さが
      半減どころかそれ以下になってしまうように思います。
      一緒に観に行ったけんは、他のエピソードを全く見ていなかったので
      映画は映画として面白かったけど、分からないことが多すぎて
      ちょっと残念だった、他のも観ておきたい、なんてことを言ってました。
      もしスターウォーズを観に行くのであれば、必ず「予習」は必要です。
      そうしないと100%楽しめないのでもったいないです。


      そういやFFに、必ず何らかの形で
      「ビッグス」と「ウェッジ」っていうキャラクターが出てきますが
      それって思いっきりSWの影響ですよね。
      (エピソード犬縫咼奪哀垢肇ΕД奪犬辰討いΕャラが出てるんですよ)
      続きを読む >>
      | さえ | 映画をみる | 00:54 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |